ネコの最近のブログ記事

赤い車、手放すのがちょっと早かったかもしれませんしょんぼり

お客様から「お支払するので集金に」とのご依頼がありましたが、徒歩どころか自転車でも10分以上…

桁が一つ違えば他人様の車を借りて?とも思いましたが、城下町の本町地区というかなり道が細く入り組んだところ。

慣れた車でもちょっと怖い…というか、あのクランクはいやぁぁぁぁshock

なので自転車bicycleでチャレンジしました。

車で走っている分には気にならない高低差がきつかったです。

少しだけ痩せた気がします

それだけでは全然足りないので、今朝は早朝から庭の草取りを3時間ほど。

気のせいか、脇腹が引き締まったような…catface


7月19日から土用入りしました。

皆さん、土用といえば「鰻」ってことで夏を連想するんでしょうが、実は「土用」というのは春夏秋冬、一年に四回あるんです。

私も嫁いでから知ったんですけど

立春、立夏、立秋、立冬という季節の変わり目の前の約17~19日の間の期間を土用といいます。

風習によってはその期間いろんな作業が制限されていますが、人々の生活に支障のないように「間日」というのも設けられています。

本屋さんで売っている「暦」にいろんなことが書いてありますので、興味のある方はどうぞ。

 

私は鰻はダメ(アレルギー)なのですが、夏の土用といえば!

20120721001.JPG

梅干し

 

最初に漬けた1キロ、梅酢の上がり方が悪くてちょっと心配していたのですが、赤紫蘇を投入したあたりから良い感じになってきました。

他の二つは漬物樽なので確認するのは控えておりますが、赤紫蘇投入時点ではカビもなく順調でした。

 

にゃんこも興味深そうに見ていたかと思いきや…やっぱり酸っぱい匂いがするんでしょうか?

一目散に逃げていきましたdash

 

続いて梅酒の様子

20120721002.JPG

氷砂糖はすべて溶けたようです。

20120721003.JPG

にゃんこも気になるようです。

20120721005.JPG

ふんふんと匂いを嗅いで…酔うわけないでしょーがcoldsweats01


20120721006.JPG

いろいろと荷造りしております。

明日はもう一つ荷造りして車のあるうちにクロネコの営業所に持ち込んで…

 

と、ここまで入力していたら、いきなり主人が出張から帰ってきて、ついでに次の車もやってきましたアッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!

 

あれ?明日、私はアレに乗ってクロネコの営業所まで行くのかしら汗2

6月も下旬となり、すっかり半袖スタイルが定着しました。

水槽の温度も気になるし、人間もすっかり衣替えしましたが、猫も衣替えの季節です。

20120626001.JPG

これまで一緒に暮らした猫の中で一番ウールの密度が高いです。

しかも一番ブラッシング嫌いですから苦労します。

20120626002.JPG

早くもヒゲで警戒しています怒り

20120626003.JPG

そこは17年のお付き合い。

私もネコナデ声でcat

「はぁ~い、いい子ちゃんだねぇ~heartぶらっし、ぶらっしだよぉ~ん」

20120626004.JPG

ところが、デジカメを首から下げているとやはり制御が難しいようで汗2

 

普段は、造反などさせないんですけどねシニカル

 

20120626005.JPG

カメラを意識してアピールしてますcoldsweats01





スピノさんがちょっと前の記事で「自家製梅酒」の記事をアップしていました。

そういえば、我が家の10年以上放置した梅酒は…なんだかとても濁っていたので今年新たに作ろうかな~でもメンドクサイ、、、と思っていたら。

お江戸の友人「らみ」が今年は梅干しに初挑戦するとか。

私も子供の頃、祖母が梅干しを漬けていたので毎年それはそれは楽しみに手伝いをしていました。

特に楽しいのは「土用干し」

干している最中に、紫蘇をツマミ喰いするあの幸福感音符

祖母が並べた梅の配置を微妙にずらしながら、梅を毎晩一つだけちょろまかして味見するあのスリルハート

夏休み前半の最高のイベントダブルハート

 

ま、当然叱られますよね(笑)

 

その後も懲りずに祖母の手伝いをしていましたが、それもある時期まで。

その後、母も何度か自分で梅干しを漬けていましたが、それも私が嫁ぐまで。

亡き姑が漬けてくれた梅干しのおすそ分けが底をついたので、さてどうしようかしら?と思っていたところ、らみちんが今年挑戦したとブログで見てひらめき

祖母の頑固な教えによれば私もそろそろ梅干しを漬けても良いお年頃になったんじゃないかと思い、梅干し用の南高梅を注文しました。

 

ところが、その梅が届く前に小粒の梅をもらってしまって。

20120626006.JPG

梅干し用の梅は2キロ注文してあります。

梅酒はもう漬けちゃいましたくちぶえ

20120626007.JPG

主人が甘い方が好き、というので氷砂糖多めです。

我が家の冷暗所は猫の好きな場所cat

 

でも、私は梅酒より麦酒が好きですcatface

 

今まで梅なんてもらったことないのに不思議です。

年間の消費量を考えたら、これは梅干しにするべきなのかな~gawk

悩ましい梅です…



 

20120626008.JPG

 

一人で悩んでいたら、にゃんこが喧しいので、10粒ほどカリカリフードを与えました。

このにゃんこ1匹だけになってから、ササミは与えていません。

pHコントロール2という尿路結石対策のフードだけで充分満足してくれる良いにゃんこです。

ただし、500gで1200円という獣医さんご用達の高級フードです。

かかりつけの獣医さんは「よく飽きずに食べてくれるねぇ」と驚いています。

って、そんなに驚かれると私も困るんですけど汗

 

新たな課題

| コメント(6) | トラックバック(0)

久しぶりの更新です。

とりあえず前半は画像を交えてダイジェストで。

後半は文章が多くて長めなので、涙もろい人はその部分はささっとスクロールして下さい。

 


先月のリアルタイムビンゴの景品で頂いた紫Zukinさんのフルバックスペシャルセット。


ブログでも新規立ち上げ時の使用方法の記事がありました。

 

20120316001.JPG

fulvuc 1です。


推奨使用方法は水槽立ち上げ時なのでしょうか?

既存の水槽内に投入してみましたが、すぐに溶けて水に馴染んだようです。

 

20120316002.JPG

fulvuc 15です。


こちらは、投入1週間後の今もソイルの上で目視できるほど粒の形を保っています。

換水時に投入するのは、fulvuc 1よりもこちらが推奨品となっているようです。

 

20120316003.JPG

Fulvuc Liquidです。
抱卵率・生存率upに効果とのことです。
抱卵率ということは、エビがえっちぃ気分[E:heart01]になるということでしょうか?
添加してみたところ、ちょっとソワソワとした雰囲気になりましたが、今のところ会社に置いてあるビー水槽に抱卵個体は見られません。
しかし、稚エビはすくすく成長しているようです。

 


Aqua Style 水の国


紫Zukinさんのショップで販売中です。


 

先月、リセットした55キューブ、先行部隊を投入後、しばらくして後続部隊を引越しさせました。

20120316004.JPG

えび彦さんから頂いたモスドームも活き活きと。

 

20120316005.JPG


奥にはビーの他、石巻貝も入っていました(笑)

 

20120316006.JPG


後続部隊を入れた時には、流木の下が苔だらけだったのですが。

 

20120316007.JPG


今ではすっかり綺麗になりました。

土日にエサを投入できなくて心配だったのですが、苔が食糧になったようですconfident

 


55キューブに引越しさせたのは、黒ビーの他、色の薄目の赤ビー、そして網に偶然入った赤ビー達。

今まで同居していたので、この選別はあまり意味がないのかもしれません。

20120316008.JPG


生体の数が半分以下になったので、30キューブではゆっくりとエサを食べることが出来るようになりました。

20120316009.JPG


20120316010.JPG


ここまで成長すると、この二個体は「シャドー」という認識で良いのでしょうか?

 


自宅の30キューブに入れたF2個体は、現在3匹抱卵中です。

ところが、自宅の水槽すべてにプラナリアが発生し、対処に困っています。

どれも水草やオブジェを混ぜたことはないのですが…なぜ自宅の水槽だけに発生するのでしょう?

うーん、会社に置いた水槽との違いは使用ソイル。

白めだかを投入すると一時的に消えてくれますが、魚がいない環境に戻すとプラナリアが闊歩します。

自宅の30規格水槽二つを畳んで、新規に水槽を立ち上げ魚類をそこに集約し、他の水槽も順次リセットしようと考えています。

 


そこに新たな課題が。

大磯砂って酸処理が必須なのでしょうか。

生体はネオンテトラ、オトシンクルス、ドワーフボーシャ、ヤマトヌマエビの他に白めだか。

 



本当は30規格を畳むのは3月上旬に予定していて、すでに新しい水槽、大磯砂も購入済みだったのですが、全く手が付けられませんでした。

 


一番最初に飼った猫がいよいよ最期の時を迎え、家に居る間はなるべく膝の上で眠らせていました。

18年前に猫を家で飼いたいと思い、可愛がっていた野良のオス猫と懇ろな仲になっていた母猫の出産を聞き、飼い主さんから譲り受けた2匹の猫。

最初は4匹生まれた、と聞いたので父親に一番似ている猫を貰い受ける約束にしていました。

ところが、その後5匹目が生まれて困ったと聞き、最後の1匹も一緒に譲ってもらい。

それがこの2匹です。

20120316011.jpg

 

当時はデジカメなど持っていなかったので、いつの写真なのかはっきりわかりませんが、右側のチャトラ(最後に産まれた猫)が生きているということは、1歳の誕生日を迎える前のことです。

彼は残念ながら1歳の誕生日のすぐ後に亡くなりました。

 


先日見送ったのは、左側の猫です。

数年前から衰えが顕著になりました。

一時期は8キロオーバー、伸びると畳の半畳分もあったので、「三尺猫」と呼んでいたのですが、昨年獣医さんで測った時は2.5キロほどになっていました。


もう今夜が山かな、という日。

いつもの通り私の布団の中で一緒に過ごしました。

うちの猫は主人の布団では決して寝ません。

それではちょっと主人が気の毒なので、ベットの主人の側に置き、主人の方を向いて寝せました。

 

二人とも浅い眠りだったと思います。

なにしろ、私はもう一匹の白猫が左側にぴったりと寄り添っていて身動き一つできない状態でした。

朝方、「カッカッ」という小さな呼吸音が聞こえて。

 

ああ、ここからまた壮絶な最期の苦しみが始まるのかと危惧したのですが。

そのまま静かに息を引き取りました。

 

17歳11ヶ月、我が家に来てから17年10ヶ月。

 

主人は「楽しかった、ありがとう」と何度も撫でていました。

 

毎晩同じベットで寝ていた私は広くなったベットで久しぶりに熟睡しました。

3匹→2匹→1匹と減ってしまい、今は寝返りも楽に出来るようになりましたが、ふと手を伸ばした時にもういない毛並みを探してしまいます。

一番存在感のあった猫がいなくなってしまい、夜中に涙が滲んだまま再び眠りにつく日々がもうしばらく続くのでしょう。

 

火葬しペット霊園に埋葬する飼い主さんが多いと思いますが、

我が家では主人の意向でこれまでのペットはすべてそのまま庭に埋めています。

ピレネーの時は穴掘りに半日かかったのですが、猫の場合はそこまでかかりません。

埋葬し、庭にある石を墓標として据え、そこに日々使っていた餌皿を置きます。

 

時々水を替えて、庭に咲く花を添えて。

土にかえり、またいつか生を受けるまで。

 


今、最後の一匹になったのが、ブログの画像によく登場する白い猫です。

上の写真のチャトラ猫が交通事故に遭い、通学途中の小学生から知らされた近所の小学校の先生方の好意で、よく遊び場にしていた小学校の校庭の隅に埋めていただきました。

行方を必死で探していた私達がそれを知ったのは、数日後。

弟猫を亡くして寂しいだろうともう一匹猫を探していた時に、この白い猫の誕生を知りました。

 


最後に残った白い猫、これまで歳の割に活発だったけれど、ここまで甘えん坊ではなかったのに。

パソコンデスクの前に座っている私の膝から離れてくれません。

いままで「一人っ子」だったことがないので、我が世の春を謳歌しているのか、寂しさ故か。

トイレに立てばドアの前に先だって歩き、お風呂に入れば浴槽の下でじぃーーっと見つめています。

 


食べたこともないのに、主人がアイスクリームを食べていると、膝の上にのってお強請りするし。

それはまるでお兄ちゃん猫が、冷凍庫を開けた瞬間に台所の引き戸の前で「にゃぁー(にゃめさせろぉー)」と威嚇していたのと同じです。

いろいろ我慢していたんでしょうか。

先住猫に慣れた頃に、どこからともなく小さい黒猫がやってきて、「真ん中は一番割に合わない」を体感していたのかもしれません。

 


こんな甘えん坊でも16歳10ヶ月。

オッドアイの白い猫、もうしばらく長生きしてもらいましょう。

猫にまたたび

| コメント(15) | トラックバック(0)

そういうモノの喩えはよく使うと思いますが、

実際その場面を見た人ってどのくらい居るんでしょうね?

 

これも一種の…

20120308001.JPG

ヤマトが5匹もいると、あっという間です。

 

20120308002.JPG



おぐにえびさんが販売している無農薬ほうれん草を購入しました。

 

えー?こんなに近いのに送料もったいなーい、と思ったり思わなかったり。

でも、私とおぐにえびさんのおうちの間には、厚い雪の壁がまだまだ立ちはだかっているのですgawk

安心安全なクロネコにまたたび効かせて、無理やり会社に配達してもらいましたcatface

送付先は自宅住所だったんですけどね(笑)

 


ここ数日、菜都さんのセレブな餌の影響か、はたまた春の訪れを感じているのか、ビー達がせっせとストッキングを量産しています。

中には急いで脱いで引っかかっている個体も…

20120308003.JPG
シッポに引っかかっていたので、すぐに周りにいたビーが「つまっ」としたら脱げましたけど、ストッキングを脱ぐときは慌てずにゆっくりと…think

 



さて、お江戸の友人らみから、美味しいものが届きました。


イカの塩辛、ヤンニョム、イカと大根のキムチ、緑の唐辛子ペースト等々。

発送日にブログに書き込みしてもらったので、数日前から外に干しておいた白菜を塩漬け。

昨日は夫婦ともども夢中で食べたので、写真なんて撮影する余裕はなかったんだけど(笑)

 

20120308004.JPG

出張帰りでヘトヘトだった主人、普段は晩酌しないのに、イカの塩辛、イカキムチ、そしてまだ浅漬けの白菜キムチで缶ビール1本プラス冷酒をぐびぐび。

目の上を真っ赤にしながら、電話でらみにお礼を言っている姿に大笑いしちゃいましたhappy01

 

こんなに手の込んだ贈り物、本当にありがとう!

あ、もうすぐらみちんの誕生日だっけ…?

ようやく私と同じ年になるんだねcatface

 


あ、プレゼントは先日の雪国仕様のショートブーツでいいかしら(汗

私もちょうど一ヶ月後の誕生日プレゼントにコレを戴いたということで。

20120308005.JPG

センスの良いらみちんの選んでくれたバッグ。

以前に貰ったものは、「古くなってもいいので飽きたら譲って下さい!」とお願いされるほど綺麗な色のバッグ。

私は、「赤」以外の派手な色を自分で選ぶことがないので。

しかも今回はオレンジカラーgood

よーし!今年はコレを背負ってサッカー観戦だわheart02

 



さて、タイトルと文頭に戻ります。

20120308006.JPG


らみからの荷物は他にもあって。

たとえば、えび彦さんのアクア工房恵比村では、最近商品の梱包材の仕入れ先が彼女の家業になったそうで。

その一部を私にも送ってくれました。

これがあれば、サランラップいらないかも…?という優れものです。

その他心づくしのお品の中に、「またたびボール」と「またたび粉」が入っていました。

ちゃんとジップロックの中に入っていたので、途中クロネコさんが惑うことはなかったようです(笑)

 

20120308007.JPG



猫の爪を切らないと…と肌で感じましたweep

今日は徒歩5分圏にお客様をお迎えしました。

 

うちのレッドチェリーと、ビーシュリンプを交換して下さるという太っ腹なお申し出をして下さったおぐにえびさんです。

 

はるばるお隣の県から山を越えて

 


…午後2時24分に「これから出ます」とスマフォにメッセージをいただき、午後3時過ぎに無事ご到着…

ホントに近いんですね。

私の実家や県庁所在地より県外が近いなんてcoldsweats01

 

というか、私よりも徒歩5分圏に詳しいかもしれないcatface

 


 

想像していた通り、ピチピチの好青年shineが登場して。

その10分ほど前まで主人もウロウロしていたのだけれど、2階に四角いテーブルで大人の会議?をするご友人を待たせていたのでフェイドアウト(笑)

沼をザクザクという話を聞いたら、50過ぎの中年がタモを持って特攻しそうです。

 


 

ソイル選びにまつわるお話など楽しくお話しさせていただきました。

うちのレッドチェリー、20匹というお約束でしたが、おばさんは細かいものを見るのが苦手なので、ごめんなさい、数えてません。
 

足りなかったらいつでも取りに来てくださいconfident

 

 

おぐにえびさんがお帰りになった後。

 

20120121001.JPG


楽しく(ええ、私はね。なんたってピチピチの好青年ですから)お話しさせていただいている間に、温度合わせは終わっていたと思うので、サテライトを出して水合わせ開始。

 

抱卵個体が2匹。

 

えび彦さんもそうでしたけど、皆さん、太っ腹ですよね。

 

20120121002.JPG


サテライトにゆっくりと水を落として。

満水になるまでしばらくお待ちください。

 


 


 

その間に、今日届いた荷物をゴソゴソ。

おぐにえびさんの目線ではわからなかったと思いますが、実はあの部屋の隅にチャームさんからの箱が…(笑)

 

中身は

 

20120121003.JPG

 

テトラの外部フィルターのホースとダブルタップ

メンテナンスのたびにあちこち水浸しにしていたので。

ついでに、ホース洗浄も楽になるように予備を購入。

 

そしてその下にあるのは…

20120121004.JPG

 

エーハイムの外部フィルターを二つ購入。

会社に置いた30キューブ、スポンジフィルターと改造水作エイトSを設置してあるけれど、なんとなく濾過が心許ない気がして。

自宅と違ってコンセントにも契約アンペアにもゆとりがあるから、備えあれば憂いなし。

 

…なんだけど、このご時世にさらに電力を使うのが良いのか悪いのか?

 

パソコンの電源を選ぶ時にも思うのだけれども、容量が大きくなればそれだけ消費電力も大きくなるし、高品質の電源はお値段もお高い。

かといって、かつかつの安物電源を選んで本体を巻き込んで全損なんてことは避けたいし。

 

このジレンマに似ているかもしれない。

 


 


 

そんなこんなジレンマでもやもやしている間に…

 

20120121005.JPG

55キューブに入っていただきましょう。

 

20120121006.JPG

おぐにえびさんが「表現系」と仰っていたエビさん。

えびマンションゲットです。

20120121007.JPG

うちの白い子も、先々このくらいになってくれますかね?

 


 

会社の30キューブ2本は外部フィルターを導入することで濾過の心配はなくなったけれど。

心配なのは、自宅で立ち上げた30キューブ1本と25エーハイム水槽。

 

もやもやと考え抜いた末。

 

だーさんのブログを拝見して心を決めた。

 

会社に続いて自宅にもHP-α10000を導入したんだから、コレしかないでしょう!

20120121008.JPG

cat「そんなことより、晩御飯まだー?」

 

気を取り直してもう一度gawk

20120121009.JPG

 

近くのホームセンターに売っていた底面フィルターを購入してきました。

 

せっかく敷いたソイルを出して最初からやり直しです。

でも生体を入れる前なので、軌道修正するならば今しかないです。

 


 

初心者ゆえの試行錯誤の日々。

まだまだ試練は続きます。

MTBlog50c2BetaInner

プロフィール

    プロフィール画像
    ゆりえ

    徒歩5分圏で年老いたネコと
    ちょっと年老いてきた夫と
    水槽の生き物と暮らしています
    趣味はパソコンをちょっといじること
    早寝早起きが日課です
    私へのメールはこちらからどうぞ

2012年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

購読

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.13-ja